スキルトランスファー(スキトラ)とは




■動画でわかりやすく解説してます。








では、今日も授業を始める。今日のテーマはスキルトランスファー(スキトラ)だ。




スキルをトランスファーするって何?




スキル(技術や知識)トランスファー(引き継ぐ)ことをスキルトランスファーという。 例えば、業務スキルを他の人に教えることや、業務の引継ぎをスキルトランスファー(スキトラ)といったりする。




略して、スキトラってことね。




うむ。この言葉は知っていて当たり前と思われるくらい使われる用語なので、忘れないように覚えておいて。




同じ意味のナレッジトランスファー(knowledge transfer)という用語もある。




ナレッジトランスファーか、ってことはナレトラね。




うむ。どちらも同じ意味って覚えておいて。使い方としては、この業務について、新入社員にスキトラしますとか、 部署異動に伴い、スキトラしますとか、普通に使われる。




業務上で必要な知識や技術を引き継ぐってことでしょ。今度、使ってみよ~。




まだ、スキトラできるレベルになっていないだろう。もっとスキルレベルを引き上げよう。




は~い




では、今日はここまで。



今回のまとめ

1.スキルトランスファーは知識や技術を引き継ぐこと

2.スキルトランスファー=スキトラ

3.ナレッジトランスファー=ナレトラ

4.スキトラもナレトラも同じ意味

5.例えば、この業務をスキトラするなどといったりする



 次の章へ